オウンビジネス

【登録費&月額利用料無料】BASEというネットショップサービスはなぜ流行り始めているのか。その理由を考える。

SMAPの香取さんが出ているCMで、BASEを知っている人が多いのではないでしょうか。見たことはあるが、詳しくは知らないという人のために内容を紹介していきたいと思います。

BASEとは

BASE(ベイス)ネットショップ作成を手がけるサービスです。BASEを利用することで、誰でも簡単におしゃれなサイトを作って、自分だけのネットショップを開設できるというのが特徴です。

BASEは、2012年に設立されたBASE株式会社が運営しています。2017年の純利益は1億円を越えていて、さらに、2018年4月にはショップ開店数が50万店舗を突破し、ユーザー満足度がネットショップサービスで1位になるなど、最近になって伸び始めています。

ではBASEのどのようなところが、好まれているのでしょうか。

BASEが好まれている理由

そもそもネットショップを開設するとなると、これまでは楽天市場などの大手の通販会社に申請して、ネットショップを開設するのが一般的でした。

ですが、楽天月額の基本利用料が安いものでも2万円、さらに売り上げの4%ほどをシステム利用料として支払わなければなりませんでした。

もちろん楽天などの大手には、大手が誇る集客力やサポートがあります。

しかし、BASEなら基本料無料でネットショップを開設でき、支払うのは売り上げの3%だけです。

またWebサイト作成において、テンプレートがたくさん用意されているので、HTMLやCSSなどのWeb知識がなくても簡単におしゃれなサイトを作れます。

さらに、楽天では出来なかったのがGoogleアナリティクスの使用です。GoogleアナリティクスはGoogleが公開している無料のWebサイト分析サービスで、どういう人がどのページをたくさん見ているのかを調べることができます。

BASEでは、この分析サービスを用いることで、ネットショップの改善を図ることができます。

これらの手軽さカスタム性が、個人でビジネスを始めたい人々にささり、サービスを拡大しているのではないかと思います。

またBASEはライブコマースを簡単に行えるサービスを展開したり、実店舗を初めて開設するなど様々な取り組みにも挑戦していて、これからが期待できる会社です。

 

その新しい挑戦の中で、ショップコインというおもしろいものがあるので、紹介したいと思います。

ショップコイン

ショップコインとは、BASEが作った独自の通貨システムです。ショップごとに、そのショップごとのコインを発行することができ、ユーザーはそれを購入することができます。購入したコインは、そのショップのみで使うことができます。

すなわち、ユーザーがある店舗を応援したいと思った時に、その店舗のコインを購入することで応援できます。

そして、店舗は得られた資金で新しい商品を作ったり、イベントを行うことが出来るというものです。

ある種のクラウドファンディングのような新しい仕組みであると言えます。

このような新しい取り組みもBASEの評価が上がっている理由だと思います。

thebase.in

実際にネットショップを開設してみる

ここまで読んで、ネットショップを開設したいと思った方もいるのではないでしょうか。BASEでのネットショップ開設は本当に簡単で、下のサイトから、メールアドレスとパスワードを入力するだけです。

実際にネットショップを作成してみると、デザインも多数あることがわかります。

こちらは有料ですが無料のデザインも多数用意されていました。

f:id:tillex:20180523163444p:plain

また右下にヘルプも出ていますし、使いやすくわかりやすいデザインで、誰にとっても敷居は低いのではないでしょうか。

f:id:tillex:20180523163609p:plain

まとめ

自分の商品を作って売るというのは、ビジネスの基本で、応用のしがいがあるものです。

商品を作って売りたい時は手軽にできて応用も利く、BASEを用いるのがオススメします。

興味がある方はぜひ自分だけのネットショップを開設してみてください。

ではまた次回。