オウンビジネス

あなたに合う不動産投資は?タイプと特徴を解説します。

投資を考えるときに、メジャーなのは不動産投資ではないでしょうか。そのメリットやデメリット、法律についてや、オウンビジネスとして勧められるのかを解説します。

不動産投資とは

不動産投資とは、土地や住宅全般に関わるところに投資を行うことを言います。住宅を購入または借りて、それを販売・賃貸することが不動産投資の主要なものになります。

不動産はその名前の通り、資産価値が大きく上下することが少ない資本で、長期的に少額の利益を得るのに向いている、ローリスクローリターンのものと言えます。

不動産に関わる法律

不動産には色々な法律があるのですが、不動産業を行うにあたって、大きく関わってくるのは宅地建物取引業(以下、宅建業)の法律です。

これは不動産取引を仲介したり代理で行う、また不特定多数に向けて、何度も取引を行うというようなときに免許が必要になります。

ですが、個人単位でその物件の当事者として不動産業を行う場合は、この法律に引っかかることは少ないです。不安であれば、都道府県宅建協会・不動産無料相談所一覧 | 全宅連などで相談してみるのがいいかもしれません。

それでは、個人で不動産投資を行う場合のいくつかの方法を紹介したいと思います。

REITJ-REIT

REITとはReal Estate Investment Trust(不動産投資信託の略で、不動産を対象とする投資信託になります。イメージとしては、ある大きな建物に対して、個人個人がお金を出し合って購入して運用し、生まれた利益を、購入した金額に応じて分けるというものです。

少額で始められることや、お金を支払った後は値上がりを待つだけ、または配当金を得るだけという手軽さと、法人税が控除されるため、利益が出やすいことから、時間がない方には1つの投資方法であると言えます。

ワンルームマンション投資

これは、ワンルームに限らず、マンションやアパートのうちの一部屋を購入し、その部屋を賃貸することで収入を得るのがワンルームマンション投資です。

家賃収入から運営費などを差し引いたものが利益になります。

REITほどではないもののその手軽さと、自分で工夫して利益を上げていく不動産業としての面白さから不動産投資の中で一番人気となっています。

戸建て賃貸経営

戸建て賃貸経営とは、一戸建ての物件を持ち、それを賃貸することで収入を得るという投資方法です。

その中でも一般的なのは、古くなった家を買取り、それをリフォームして賃貸に出すという方法です。

これは、どんな家を買い取るのか、リフォームを自分でやるのかなど、決めなければならない、またしなければならないことがたくさんあり、少し大変な方法だと言えます。

あなたに合う不動産投資は?

ではあなたに合う不動産投資はなんでしょうか。

REITはかなり安定している投資であり、利回りが平均して4%程度となっています。流動性も高いため、現金に戻すことも容易であり、給料の一部を入れて分散投資するのは一つのやり方です。

ワンルームマンション投資に関しても、平均した利回りは4%程度であり、REITとあまり変わらないように思えます。

しかし、工夫できるところが多くある点や、入居者がいるかどうかなど、不確定要素がたくさんあることから、うまく運用を行えばより大きな利回りを得られるし、失敗すれば損失を被る投資と言えます。

しかし、上にあげた2つの投資方法は上手くいったとしても利回りが5%程度であり、1000万円の不動産投資をしても得られる利益は年50万円です。本業での収入が多い方や、少しの利益を得られればいいという方には、これでいいかもしれません。

ですが、このブログでオススメしているような、自分のビジネスだけで生きていきたい、勤め人を辞めたいという方にとってはこれらの方法はお勧めできません。

そこで、先ほど最後にあげた戸建て賃貸経営です。この方法はワンルームマンション投資よりもさらに不確定要素が多いですが、上手くいったときの利益はかなり大きいです。

以前、Voicyの記事で紹介したサウザーさんも、古民家を自分でリフォームして賃貸に出すことで、働かずに生活しています。

【関連記事】:音声メディア、Voicy(ボイシー)を解説する – オウンビジネスのすすめ

まとめ

人口が減少して、空き家が増えていく中で、良い物件を用意することができれば、マンションから一戸建ての家に引っ越す人も多いのではないでしょうか。

また初めに説明したように、法律も個人で賃貸を行う分には問題がなく、個人には参入障壁が高いと思われている分、逆にチャンスがあるのではないでしょうか。

以上の理由から、不労所得で暮らしたいという人には戸建て賃貸経営がおすすめです。
不動産経営を行うにあたっておすすめの本なども紹介していく予定です。

ではまた次回。