オウンビジネス

【ドラマ化決定】インベスターZという投資漫画は学生のうちに読んでおくべき

インベスターZという漫画を、名前だけなら知っている人も多いのではないでしょうか?

僕も前から読みたいとは思っていたのですが、期間限定で10巻まで無料でダウンロードできたため、その際に全巻買って読んでしまいました。

早いうちから読んでおいたほうがいいと勧める理由を書いていきたいと思います。

著者はドラゴン桜で有名な三田紀房

著者は三田紀房さんで、この方の一番の有名作はドラゴン桜です。ドラゴン桜は、進学校でもない生徒が東大合格を目指すというストーリーで、ドラマ化もされている漫画なので、ほとんどの人が知っていると思います。

今年から、ドラゴン桜という続編を連載中なので、ドラゴン桜を好きだったという方はぜひこちらもチェックしてみてはいかかがと思います。

created by Rinker
¥616
(2018/11/14 00:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

インベスターZがドラマ化

先ほど紹介した三田紀房さんが2013年から2017年までモーニングKCで連載していた漫画で、全部で21巻あります。

2018年の7月からドラマ化が決定しました。清水尋也という俳優が連続ドラマの初主演をするようです。ドラマについては、参考までにこちらをご覧ください。

これを祝して、2018年6月に期間限定でKindle版を無料でダウンロードできるようになっています。僕もこれで10巻まで読んで、その後に全巻購入しました。

 投資漫画の内容

f:id:tillex:20180611155116j:plain

インベスターZは高校生が学校の投資部に入り、そこで投資を学ぶというものです。株式投資に始まり、FX(為替取引)不動産投資金(Gold)投資まで様々な投資について描かれています。

さらに投資の話に関連して、資本主義の仕組みについても解説がされています。

このような投資や資本主義の仕組みの話は、本などで読むと難しくわかりにくいものですが、漫画でストーリー仕立てになっていることから楽に読み進められるので、頭にスッと入りやすくなっています。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、この漫画の中に実名で出てくるのですが、その堀江さんも漫画のポテンシャルについて、「1ページあたりの情報量がとても多く、情報取得の効率がいい」と高く評価しています。

早くから投資を学ぶべき

f:id:tillex:20180611155134j:plain

なぜ学生のうちに、この漫画を読んでおいたほうがいいと僕が思うのかについてです。

それは学生のうちに、投資や資本主義の仕組みを知っておくことで、これからの生き方が変わってくるからです。この辺りは音声メディアアプリのVoicyで、サウザーさんという方が詳しく語ってくれているので、ぜひ聴いてみる事をお勧めします。

関連記事:音声メディア、Voicy(ボイシー)を解説する – オウンビジネスのすすめ

学生に投資をしてほしい

f:id:tillex:20180611155155j:plain

最近では、日本全体でお金を貯蓄ではなく投資に回そうという流れがあります。投資をする事で経済を活性化することができるからです。

その流れから学生の中には、大人になってお金が貯まれば投資をしてみたいという人もいると思います。ですが、大人になって急に投資を初めてうまくいくでしょうか?

漫画の中にも出てくる話ですが、投資もスポーツと同じで、練習しなければ上手くはなりません。学生のうちから少額でも投資を始めていれば、社会に対して敏感になれるし、もし失敗したとしても損は少なくて済みます。

大人になって急に投資を始め、大金をつぎ込んで失敗するというのはよくある話です。

僕も、仮想通貨だったりタイムバンクといったものを使っています。今の所は儲けられてはいませんが、少しずつお金に対する感覚がわかってくる気がしています。

まとめ

以上から、ぜひ学生だったりと若いうちからインベスターZを読んでほしいと思いました。

ではまた次回。