テクノロジー

QUICPay|iPhone7でQUICPayを登録。使用してみての長所と短所を紹介。

先日、コンビニで現金を使って支払いをするのは、時代遅れなのでは無いか。急にそう思い立って、iPhone7のQUICPayにクレジットカードを登録してみました。登録方法と、数日使ってみての感想、またどんな人におすすめかを紹介していきたいと思います。

QUICPayとは

f:id:tillex:20180608170622j:plain

QUICPay公式HPによると、’’お店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけでお支払いが完了する「簡単・おトク」な支払い方法’’となっています。

財布を出さずに、支払いが完了する手軽さや、小銭を使いたくない方には

使用可能な端末は、「おサイフケータイ(R)」対応のスマートフォン・携帯電話です。

iPhone7以降の端末では、公式アプリであるウォレットにクレジットカードを登録することで使用することができます。

登録できるクレジットカードは公式HPにて確認できますが、ほとんど全てのクレジットカードが対応しています。

また、大手コンビニ(ローソン、ファミリーマートセブンイレブンミニストップ)のどこでも使うことができる便利なサービスです。

EdyはiPhoneで使う場合、他に機器が必要

スマホで支払いをする場合、頭に浮かぶのはEdyです。しかし、EdyAndroidスマートフォンには対応しているのですが、iPhoneには標準では対応していません。

iPhoneEdyを使おうとすると、5000円ほどするパソリという機器、さらには楽天Edy付きのカードを登録しなければならず、iPhone向きではありません。

楽天ペイは対応店舗が少ない

楽天カードを使っている人ならば、もう1つの選択肢に楽天ペイというアプリの活用があります。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

アプリをインストールし、アプリに表示されたバーコードを提示して、読み取ってもらうだけで支払いが完了します。

ですが、現在は対応している店舗がかなり少なく、大手だとローソンくらいになります。ローソンしかコンビニは使わない、という人以外には、残念ながら使い勝手の悪いアプリです。

Google PayはAndroidユーザーには良いアプリ

同じようなウォレットアプリに、Google Payがあります。iPhoneではこれを使って、かざすだけで支払い、というのができません。

ですが、使い勝手のいい様々な機能が付いているようで、Androidユーザーの方にはおすすめのアプリです。

QUICPayの登録方法

手続き自体はそこまで難しくありませんでした。ウォレットアプリを開き、登録したいカードの情報を1つ1つ入力していきます。

ただ、僕は楽天カードを登録しようと思ったのですが、最後に電話認証がありました。

学生で家族カードを使用している人は、この時に親が電話する必要があるので注意ください。

QUICPayの使い方

QUICPayの使い方は、店員の方に「クイックペイで」と言い、iPhoneを端末にかざします。この時、iPhoneXでは顔認証をしてから、それ以外ではホームボタンに指を合わせて、指紋認証をしながら待ちます。

そうすると、「QUICPay」と音が流れるのでそれで支払いは完了になります。

QUICPayを使ってみた感想

とにかく支払いがスムーズで感動しました。これで財布なしでも過ごせるなと思いました。

ですが先日、ファミリーマートに行った際に「ポイントカードはご利用でしょうか?」と言われ、財布を出すのが面倒で断ってしまいました。

コンビニでポイントを貯めようと思うと、そのコンビニ専用のクレジットカードを作ってウォレットに登録するしかないのかなと思いました。

Google Payだと、ポイントカードも設定したりすることができるらしく、少しAndroidの方がうらやましくなりました。

ウォレット系のサービスはあまり使用されていないものの便利なものが多いので、また紹介していけたらなと思います。

ではまた次回。