テクノロジー

TOEIC対策にスタディサプリENGLISHを使いたかったので、スタディサプリENGLISHの種類を調べてみた

大学四年生の僕は、就職ではなく院に進む予定で、現在は院試勉強に日々取り組んでいます。うちの学部では、院試にTOEICの成績が必要なので、スタディサプリENGLISHで勉強していこうと思いました。今回は、僕の英語力に関する現状と、多数あるスタディサプリのコースを紹介していきたいと思います。

英語に関する現状

僕は、以前一度だけTOEICを受けました。1月に受けたのですが、まずはその結果をご覧ください。

f:id:tillex:20180529171258j:plain

リスニング 340点リーディング 340点 

合計で、990点中685点でした。

うちの学部では最低でも730点は欲しいと明記されていて、これでは少し満足できませんでした。

ちなみにこの時にやっていた勉強は、スタディサプリの英単語市販の問題集でした。

8月に院試があるのですが、それに間に合わせるためには6月のTOEICがラストチャンスです。この試験で、学部の院試勉強をしながら、英語も勉強し、あわよくば二年後の就活にも使える点数を取ってやろうという考えです。

そして自分の性格的にテキストよりも、Web学習の方があっていると感じたので、スタディサプリを本格的に活用しようと思った次第です。

スタディサプリのコース

登録するにあたって、様々なコースがあることが分かりました。スタディサプリENGLISHのコースの内容を紹介していきます。

スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)

日常英会話コース は、日常の英会話をスムーズに行いたい人におすすめのコースです。僕は種類がよくわからず、はじめにこれに登録しました。

僕がやった限りの内容は、高校生の二人の男女が話す短い内容を聞き取り、 内容を当てる問題や、聞いた言葉を書き取るディクテーションを行ったりでした。

TOEIC対策をやりたいのに、TOEIC対策のアプリが起動できず、おかしいなと思っていたら登録するべきコースを間違えていたのに気づきました。なので無料期間中に退会してしまいましたが、自然な会話を目指すなら、このコースも悪くないと感じました。

月額980円(税抜)です。

スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

 TOEICテスト対策コースは、名前の通りTOEIC L&Rに特化したサービスです。 先ほどの日常会話コースを退会したのちに、こちらに登録しました。

このコースに登録すれば、日常英会話コースのサービスも使うことができます。

月額2980円(税抜)と少し高額かのように思えましたが、TOEICの対策テキストを購入しても似たようなお金がかかるため、一ヶ月くらいなら得かなと思い、登録しました。

内容は、リスニングが基本となっています。リスニングのそれぞれのパートごとに対策が分かれています。1つ1つ、パートの紹介、やりがちな間違い、やるべき練習などが明示され、そのための問題集もたくさん入っていました。

リーディング対策としては、文法講座が入っていますが、長文対策は入っていませんでした。それが次で紹介するコースになります。

スタディサプリENGLISH TOEIC(R)対策パーソナルコーチプラン

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン は簡単に言ってしまうと、オンラインの家庭教師のイメージです。

三ヶ月契約で68000円というかなり高額な価格設定となっています。

付いている内容は、勉強プランを提示してくれる、毎週課題が送られてくる、音声通話でのコミュニケーションがあるなど、高額な分、内容もちゃんとしたものになっています。

リーディングに関しても、自分で解いたものを見てもらうことで、やるべき勉強を教えてくれるので、対策ができると言えるでしょう。

選んだのはTOEIC対策コース

パーソナルコーチプランは流石に高いかなと思い、普通のTOEIC対策コースに登録することにしました。それが約2週間前です。

リーディング対策は、TOEIC対策コースの文法と単語、さらに自身の研究で必要な英語の論文を読むなどして高めていきたいです。

現在は5月末ですが、6月の末にテストがあるので、約一ヶ月でどれくらい点数をあげることができるのか身を以て実践したいと思います。

TOEICを受けようと思う人が、 TOEICテスト対策コースを使おうと思えるように頑張りたいと思います。

ではまた次回。