オウンビジネス

YouTuberは今から始めて儲かるのか

日本のトップYouTuberには年収が数億にも登る人がいるといいます。新しく始める人にその舞台での活路はあるのか、考えていきたいと思います。

収益化の条件

2018年1月にYouTubeは収益についての新しい資格要件を発表しました。

その2つの条件は以下の通りです。

⒈チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
⒉チャンネル登録者が 1,000 人

この条件を達成してようやく審査が始まります。審査をクリアすると、動画に広告がつくようになり、広告収入を得ることができるようになります。

2つの条件を書いたが、この2つの条件はそこまで難しいものではありません。

ただ著作権を侵害していると広告がつかなくなるので、そこは注意すべきポイントかもしれません。

収益はどれくらい得られるのか

収益は一般的に、1再生あたり0.1円程度だと言われます。

月間収入を10万円得ようと思うと、10,000回再生される動画を毎日上げなければなりません。

これは他に本業がある人にとってはとても厳しい条件です。

ですが、再生数に応じた広告に依存せずに稼ぐ方法もあります。

Super Chatとは

Super Chatはここ最近に新しくできた制度で、動画配信者がライブ配信を行なっている時に、視聴者から送られる投げ銭のような制度です。

Super Chatを購入すると、金額とメッセージが、金額に応じた時間の長さだけ、普通のコメント欄から独立して表示されます。
良い動画を上げ続けることでファンを多く作ることができれば、Super Chatという形で応援をもらえるかもしれません。

商品販売を行う

YouTubeで培ったファンに対して商品販売を行うのは1つの手段です。化粧動画などで有名な元HKT48ゆうこすさんは、ライブ配信をしながら自身が作った商品を販売しています。これはライブコマースという商法の先駆けだと言われています。


【モテコスメ】デパコスからプチプラまでゆうこすのリピ買いコスメを紹介!

またゲーム実況者のハヤシさんは、マインクラフトという建築ゲームの、建築のコツをまとめた本をネット上やコミケコミックマーケット)で販売しています。


【Minecraft】今更ドハマりした男の『MINECRAFT』実況プレイ part51 【実況】

このようにYouTubeでファンを集めて、そのファンに対して自身がオススメするような商品を販売するというやり方は、お互いにとって価値があり素晴らしいものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。どのデジタルメディアにも言えることですが、ファンを獲得するという点で、デジタルメディアは重要であり欠かせないものです。

ファンとコミュニケーションを取りながら、メディアを拡大させていくのは価値あるプロセスになるでしょうし、そこから新しいビジネスに発展させていくこともできます。

プライバシーが気になる方は、実名顔出しでなくてももちろん大丈夫です。

動画に興味がある、YouTubeが好きだ、などという方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ではまた次回。